今さら地デジ

アンテナといえば、2011年に全国的に行なわれたアナログ放送終了に伴う地上デジタル放送への移行により、地デジアンテナ工事が行われたことでしょう。
業者に依頼をした、住んでいるマンションなどで変更した、自分で行なったなど、それぞれがアンテナ工事を目の当たりにしました。

アナログとデジタルの違いは、情報を電気信号に変換情報を流すアナログと情報を数値で流すデジタルの違いで、アナログは外の環境に影響されやすく限界もありますが、デジタルはたくさんの情報を一度に流すことができる事の違いです。

地上デジタル放送になってから、テレビ番組も増えた、たくさんの情報がキレイな映像で楽しめるようになったと言うのが、大きなメリットになります。
電波として情報受け取るため、アンテナも地デジアンテナになりました。
しかし、アナログのアンテナ工事をせずに、交換器で変換することで、そのままアナログのテレビでデジタル放送をごらんになることもできます。

ですが、たいてい2011年のあの頃は、一斉にあちこちの屋根の上でデジタル放送用のアンテナ工事が行なわれていたようです。
今では、完全なアナログ放送は終了していて、日本のテレビでは地上デジタル放送を流しています。

この移行のずっと前に、NHKではBS放送を開始、その他CS放送も楽しめるようになっていましたが、この時もこれらの放送を観るためにアンテナ工事をした家庭も多かったでしょう。
ですから、現在は、地デジアンテナ、BSアンテナ、CSアンテナなど賑やかなアンテナ競演の家庭も存在しています。